Gunmaita 茶畑のクロスカントリー

Gunmaita 茶畑のクロスカントリー

朝は今日も雨。この時期でこの天気はちょっとおかしいらしい。雨が降るのはもう少し後だという。しかしそう強い雨でもないし、
寒くもない。シューズがドロドロになるだけだ。それもホテルのおばちゃんが100円で洗ってくれる。ケニア山の森のフェンスまで行って折り返し
東側斜面の方に下りていく。川で道が途切れたので引き返し、昨日の散歩コースを逆走する。

午前練習は27日に走った茶畑のクロスカントリーを周回コース1,6kmを9周、15kmを走る。到着時は一帯が霧に覆われていて視界は50mほどしかない。せっかくの景色なのに少し残念。というか寒い。標高は2100mあるけど不思議と息苦しさは感じない。それはタイムと比較してないからか。息苦しさを感じないととはいえ、きついかきつくないかといったらものすごくきつい。10kmぐらいで脱落しそうになるが、サイラスがうまくペーシングしてリズムを整えてくれる。力んだ走りになっていたようだ。リラックスを心がけると少しずつ走りが戻ってきた。特にヒラメ筋を緩ませた状態で着地することを意識した。そうすると脹ら脛、大腿部で踏ん張ることなく、ダイレクトに股関節で着地の衝撃を受け止めることができるのかもしれない。とにかくその意識でリズムを取り戻し、ラストはペースアップできた。2100mでこれだけ追い込んでスピードを出したのは初めてだ。ボルダーのマグノリアがもしかしたらそれくらいだったかもしれないが、たいしたペースではなかった。走っているうちに霧が晴れ、気温も上がった。走り終わるころには遠くまで見渡せるくらいに天気が回復した。この景色を見てみたかったのだ。

ケニアに来て1週間が過ぎた。そして体調がいい。なぜか今年は風邪ばかり引いていた。インフルエンザにもかかった。治っても喉が痛かったり、鼻水が止まらなかったりとどうもおかしかった。ケニアに来たことは正解だったと、現時点で断言するにはまだ早いけど良い方向に向かっているということだけは強く感じる。

ランチを取ってからブレット にスカイプ電話する。サイラスのゴールドコーストマラソンのためのビザについて話すためだ。主にサイラスのことなのでブレットとサイラスが英語でやりとりする。やはり英語はしゃべらんといかんな。スカイプ電話はつつがなく終わったが、それからが少し大変だった。プリントアウトのためにオフィスのプリンターを借りることになったが、なかなかうまく行かない。何度かトライしているうちにHPのレーザープリンターが湿気でよれよれになった用紙を吐き出したときは歓喜に湧いた。

 

ミルク絞りの時間に写真を撮っているとやはりみんな興味あるのか、スナップショットを撮ってくれと言ってくる。そして撮って見せると少し照れたように笑いながら歓んでる。こういうのはなんかかわいいなと思う。スマホはみんなもってるのにカメラだと珍しいのか。そうやって打ち解けているうちに日本の食事がどんなか見せてくれという。残念ながらメモリーカードのなかに食べ物の写真はなかったのだが、酒の話になるとけっこう盛り上がり次にくるときはジャパニーズライスワインを持ってくることになった。撮った写真は日本に帰ってプリントアウトして送ってあげよう。

40’jog /7km
15km X.C グンマイタ茶畑コース /25km

スポンサーリンク

COMMENTS