リチャード マイナが練習に加わる

リチャード マイナが練習に加わる

朝は一人で走る。ケニア山の森のフェンスまで上り折り返してからの散歩コースを2周する。踵を詰めるようにしてアキレス腱を収縮させると調子がいい。これが足首が決まる感覚かもしれない。

 

午前練習はKangaitaの茶畑クロカンで20kmを行う。今日からリチャード マイナが練習に加わる。キリニャガ出身の長身ランナーだ。180cm以上ありそうだ。あまり調子は良くないらしく10kmで脱落した。差込みがきたようだ。走りリズムはなぜかけっこう合う。サイラスよりも合わせやすい。

体型が全く違うのに不思議なもんだ。朝練の踵を詰める感覚で走ると調子がいい。脚がまっすぐな状態で着地できているようだ。それで弾くようにハム、臀部を後ろに流すことができる。苦しくなってもスローモーションのならない。この前15kmよりも速い通過だった。ラスト5kmはかなり苦しかった。脚は回転するけど体全体にぐぐっとかかるきつさだった。これは根性さえ出せば我慢できるのだが、まあだいぶ根性出した。この走りだと追い込んだ練習を継続して続けられそうだ。1ヶ月後体の変化が楽しみだ。
走り終えてからのサトウキビは本当にうまかった。
この茶畑コースはとてもいいコースだ。

アップダウン、標高、地面、距離どれもいい具合だ。キリニャガが完全に気にいってしまった。ここに合宿拠点があってもいいな。ニャフルルとイテンのが有名だがどいう環境なんだろう。今回はそう長い滞在ではないが、ともかくケニアにはまたすぐにでも来たいという気分だ。

ここの所長が日曜日に鶏と山羊を潰しというので滞在を延ばさないかかという。

また延ばすか、、、。

どうしよう、、、。

スポンサーリンク

COMMENTS