4分ペースで急ぐ女子高生

4分ペースで急ぐ女子高生

朝はマイナがリーダーで13km走る。マイナともう一人サイラスの友達の市民ランナーも一緒だった。いつもの10kmとはまた別のコースで交差点の所まで下って右に曲がる。しばらく知っている道が続いたが途中から全然わからない。昨日の疲れなのかけっこうきつい。上りは頼むからペースを落としてくれという気分だった。8km地点辺りで学校へと急いでいるんだろうけど、女性高生がカバンを脇に走っていた。ペースは我々と同じキロ4分だった。きれいなフォームだった。

午前はケニア山森コースを走る。一人で森に入るのは危険だけど2人だと大丈夫だという。上り始めに牛が2頭いたが、牛がいると安心する。辺りに野生動物がいないということだ。調子はいい。朝練はたぶん臀部を使えていなかったんだと思う。EMSで臀部を刺激して促通さてるとぐいぐい進む。加えて下腹部の代わりに腹斜筋でねじれを押さえ込むようにすると踵、臀部とうまく連携がいった。これは意識しやすい。上りでマイナはけっこう苦しそうだった。時々「カハッ」という声が聞こえてくる。下りは得意なようでいいペースで飛ばしていく。

スポンサーリンク

COMMENTS