チャパティの作り方を教わる

チャパティの作り方を教わる

朝は今日も雨だ。晴れたらマイナとサイラスコースを行く予定だったが、一人でいつものコースを走り10km。最初は動かないが2周目から調子が出る。
朝食をとっても目が覚めない。紅茶とコーヒーをガブ飲みしているにもかかわらず食べている途中から眠い。部屋に戻ってから午前練までの時間寝る。あまりこういうことはないのながせっかくの合宿で時間があるんだし寝れるときは寝た方がいいのかな。疲労は確かに溜まってきている。

午前はマイナとムチェリとサイラスコース10kmを走る。最初は6分ペースでかなり遅くスタートする。昨日の雨はだいぶ強く降ったようで地面のぬかるみがひどい。ラスト坂でいきなりマイナが仕掛ける。だけど途中から調子が出てきていたのでなんなく反応できる。ひとバトル終えてリラックスして残りの道のり走っていたら、水たまりを避けようとして端の狭く際どい盛り上がった部分を通ろうとして足が滑り転倒してしまう。ケニアで初めて転んだ。泥だらけになったけど怪我は軽く引っ掻いた程度だった。とはいえ破傷風の予防接種を受けきてよかった。

4時からキッチンのお姉さんにチャパティの作り方を教えてもらう。

  1. 大きなボウルにまず水と卵を入れ、それから全粒粉と小麦粉を入れこねる。(この分量を覚えておきたかったのだが忘れてしまった。)
  2. 粘り気が出たら大きな塊にしてさらに饅頭ぐらいの大きさに分ける。
  3. 分けた塊を中央に押し込むようにして丸く形を整える。
  4. 棒で薄く伸ばして焼く。
  5. 最後に油を敷き焼き色がつくまで焼き直す。

夕食時マイナが何やら大きな袋を重たそうに抱えてきた。中にはパッションフルーツとアボガドが入っていた。一度家に帰り庭になっているものをとって来てくれた。アボガドはいくつか潰れてしまっていたけど無事なものもたくさんある。5kmを揺さぶられると潰れてしまうのもしかたないか。しかし往復10kmをさらりと歩くのはさすがケニアという感じだ。マイナに教えてもらったアボガドとおかずと一緒にスプーンに乗せて口に入れる食べ方がうまい。

スポンサーリンク

COMMENTS