ようやくわかったけどイージージョッグはイージージョッグではない。

ようやくわかったけどイージージョッグはイージージョッグではない。

朝は病み上がりということもあってグループとは合流せず、ジェンガ、サイラス、リチャードと4分ペースのジョッグ。久々にアスファルトを走る。

午前はアップダウンのあるコースをイージージョッグする。ヤクルトのワウエルが引っ張る。スタートは確かにイージーだ。5分ペース。しかし登りに差し掛かるとエンジンがかかったのかじわりきつくなってくる。標高2400mで坂道を4分ペースで登るのはけっこうきつい。バトルが始まりそうな気配になるとジェンガさんがペースをコントロールして抑えてくれる。マイナは離れた。後半は3分30秒ぐらいまで上がる。けっこうきつい。

気を抜くと離れそうだ。走り終わって、サイラスにこれはイージージョッグなのか、と聞くとYesという。確かにイージーそうに走ってはいるけど、、。少なくとも僕にとってはポイント練習並みの強度だ。自己ベストでいうと僕の方が速いんだけど、いったいどういうことだろうか。24000mだからか。確かに登りは苦手だ。やり続けていればイージーになって来るのか。そうなることを望む。

1 5’33.2 129 (77-145)

2 4’55.0 134 (114-150)

3 4’21.0 144 (118-160)

4 4’22.0 150 (129-161)

5 4’08.0 149 (132-163)

6 3’56.0 148 (131-163)

7 3’57.0 146 (138-161)

8 3’49.0 161 (141-169)

9 4’11.0 150 (124-168)

10 4’04.0 164 (159-169)

11 3’49.0 157 (151-165)

12 3’46.0 143 (133-163)

13 3’43.0 146 (137-154)

14 3’35.0 151 (137-162)

15 3’40.0 160 (147-165)

16 5’05.0 148 (132-163)

スポンサーリンク
Older Post

COMMENTS