闘うサイに感激する

闘うサイに感激する

朝は軽く走る。これこそイージージョッグと言うやつだ。10キロを5分から6分ペースで走る。

今日は朝練だけで練習はオフにする。サイラスの運転でナクル国立公園に遊びにいく。途中道程がグレートリフトバレーをぐるりと下って行くようなコースだったので景色も楽しめた。デコボコ道を除いて。ナクル国立公園は湖と森があり、ナイロビよりも変化に富んだ自然がある。動物も多いような気がする。入場料はケニア人が1000シリングで外国人が7000シリングもする。まあ払うけど。

入場してしばらくはシマウマとインパラばかりだった。フラミンゴを見るためには丘を越えないといけないのだが四輪駆動ではない車にとってはハードな試練だった。急な坂道でキュルルルル〜と悲鳴のような音と砂埃を立てて、立ち往生と思いきや、どうにかクリア。イプサム、よくぞがんばった。

丘を越えると大草原と森が広がっていて、キリン、サイ、バッファローがいた。サイはオス二頭で戦っていておもしろかった。ナクル湖はフラミンゴで有名なのだが最近はめっきり姿を消してしまったということだ。しかしダメもとで湖畔まで行くと少数ながらフラミンゴがいた。これで満足して帰路につく。

ゲートを出たところのカフェで3週間ぶりにインスタントではないコーヒーを飲む。ケニア人はほとんど紅茶しか飲まない。ランチを取り損ねたので、途中サイラスが軽く食べれるものを買ってくる。バナナを購入した後、なかなか帰ってこないと思ったら山羊が焼けるのを待っていた。こんがり焼けた山羊の肉片をビニール袋に入れて、ハイと出されたときは、どうやって食べんだよ、と少し焦ったが、手でむしゃむしゃ食べた。すごくうまい。ケニアの山羊はうまいのです。
それにしても長旅だった。

スポンサーリンク

COMMENTS