コリオリの力を目の当たりにする

コリオリの力を目の当たりにする

昨日雨が降らなかったので朝は違うコースをいくというのでランナー仲間とホテルから1kmぐらい離れた場所で合流する。何やら話し合っていて、今日は20kmだとジェンガさんが伝えてくれた。15人ぐらいのグループで走り出す。まあ、20kmだしゆっくりいくんだろうと軽い気持でいたら、上りでやはりエンジンがかかったのかペースが上がる。

今日は臀部をうまく使えているようできついながらもスローもンションにならない。これだといけるかもしれないと少し希望がもてた。7キロ地点の坂は半端じゃないきつさ。根性だして、とにかく頂上までダッシュの気分でついていった。登り終えると、すねが痺れて固まった。こうなるのは久しぶりだ。回復するのにしばらくかかったが、これくらい追い込めるようになったということだ。プラスのシグナルである。この坂が終わると後はきついけど、我慢できる程度のものだった。15km過ぎの坂で一回落ちるが、下りですぐ追いついた。グループはだいぶ人数が減っていっているのが息づかいや足音で感じられる。足下がデコボコなので怖くて振り返れない。ラスト3キロは3分20秒ぐらいで押していった。やはり臀部が使えていると動きにものすごく余裕がある。最終的にグループは4人だけになっていた。めでたくサバイブできて自信になった。

臀部を使った良いフォームで走るとそう負けることはないのかもしれない。自信を持とう。

午前中は軽く競技場で60分ジョッグ。5分ペースが気持いい。

赤道直下での実験

午後からは赤道のお土産屋に遊びにいく。コリオリの力を水の渦の方向を使ってみせてくれた。本当に北半球と南半球で渦の方向が違う。これには素直に感動した。ゴルゴ13はこの力を考慮して銃をうっていたのか、、、すごい。赤道の真上だと渦はできない。水はまっすぐストンと落ちる。これにも感動した。

スポンサーリンク

COMMENTS