インターバル 半端じゃなくきつい

6x 1000m

朝は休みにする。午前練習のインターバルが9時半スタートと早いからだ。6時半くらいにもぞもぞ起きだして7時に朝食を軽く取る。ウジと呼ばれるトウモロコシお粥を2杯少なめついで食べる。

午前練はグループ混ざって行うが、ジェンガさんがペースコントロールする。1本目は軽い、動く、と思ったが600mでぐぐっと苦しくなるが、とりあえず付け2分58秒。2本目は400mで苦しくなり3分10秒。3本目は一本抜く。4本目、5本目はここで付かないとケニア来た意味がないと、とにかく苦しくても我慢することだけに集中する。2分59秒と58秒。6本目はまた一本開けて、7本目集中して2分58秒。やれたはやれた。でもこれって出来としてどうなんだろうか。と思っているとジェンガさんとサイラスが、すごい、と言ってくれた。うーん,素直に受け止めて良いのだろうか。最初にしてはよいということか。ケニア人ランナーは当然だけどもっと速く、もっとたくさんやっている。とはいえこの練習を続けていれば絶対できるようになるという確信はある。この環境に思い切って自分を投げ込めるかどうかだ。

午後からは街を散歩する。市場に行って見た。アボガドとトマトを購入する。トマトは小さめのものが10個ぐらい入って10ksh。アボガドは一個10ksh。安いしけっこううまい。リアルオーガニッックなんだろうな。バリエーションとしてはあまりなくてフルーツ屋と野菜屋ばかりがずらり所狭しとならんでる。外国人でも特にふっかけてぼったくろうという感じは全然ない。ケニア人はけっこう親切だ。時々「チャイナ!」と声をかけられるが、13億人もいるんだから、東洋人を見かけたらだいたい中国人という判別のし方理は解できる。

午後練は15kmを結果的にビルドアップして走る。子供達はフィールドでサッカーをしていて、ボールがコースに飛んできたので蹴り返したとき、体幹がはまった。これでペースアップしてビルドアップになった。

1 0:02’58.2 159 (78-169)

0:01’24.1 149 (131-170)

2 0:03’10.8 166 (130-172)

0:05’37.7 107 (84-168)

3 0:02’58.3 166 (130-173)

0:01’22.3 153 (132-174)

4 0:03’00.1 171 (132-177)

0:06’01.1 123 (103-178)

5 0:02’58.4 168 (131-176)

0:05’35.4 110 (80-177)

スポンサーリンク

COMMENTS