19km 調子がいい

19km 調子がいい

森を走る19kmは調子がいい

こちらへ来て1番調子がいいかもしれない。最初からハイペースで始まる。バーナードが快調に飛ばす。前半は下り基調なので特に大した努力感なしで走る。10kmを過ぎるとアップダウンが始まる。上りはアキレス腱での反発で膝をあげることだけに意識する。地面はできるだけキックしないようにする。進んでる実感はないが、実際こっちの方が進んでいる。エドウィンがなんとなく苦しそうにしてるように感じたが、案の定、脱落して行った。前回のケニアではエドウィンの先を行くということは1回もなかった。エドウィンがただ調子悪かっただけかもしれないが、やはり先を行くというのはちょっと嬉しい。

スポンサーリンク
Newer Post
Older Post

COMMENTS