中野中学陸上競技会

中野中学陸上競技会

女子1500mと男子3000mを引っ張る

中野区の中学校陸上競技会にゲスト参加してきた。
この大会は49回目の開催だという。すごく歴史のある大会だ。
中野区の中学校の代表が参加する陸上競技の大会で、走り幅跳びから3000mまであって、けっこう本格的だ。
東京陸協から審判員も派遣されていて、日本陸連のルール、プラスこの大会の特別ルールで運営されている。
ちなみにフライングの一発失格は無しだった。一発失格は切ないよね、、、賛成です。

女子の1500mと男子の3000mを一緒に走る。せっかくなので良いタイムを出してもらうべくペースメークをやることにした。女子の1500mは1周80秒で5分切りを目指す。ラスト1周まで5分ギリギリ切るくらいのペースで引っ張る。そこから一回止まって、後続の応援にまわる。先頭の子はどうやら5分は切れなかったかようだけど、自己ベストだったのかな。ナイスファイトと言いたい。

3000mはさすが男子でスタートはダッシュで始まる。ハムストリングのことがあったのでスタートダッシュには参加せず、1周に差し掛かるところで先頭に追いつきペースメーキングする。1000mの通化は3分ちょうどくらい。このペースで行ったら中野新記録だ。少し苦しくなったかか、ペースを3分10秒まで落とす。2000mの通化は6分10秒。でもまだ記録は狙える位置だ。しかしラストはしんどかったかな。この日は30度まで気温が上がって、長距離には厳しいコンディションだったかもしれない。でも9分40秒は悪くないタイムだと思うよ。こちらもナイスファイトと言いたい。

スポンサーリンク

COMMENTS