ケニアに合宿に行ってくる。

ケニアに合宿に行ってくる。

今回でケニアへ行くのは4回目になる。初めてのケニアは2014年だった。段々と慣れてはきたものの、実はケニア合宿がレース結果につながったことはない。基本的に高地トレーニングとの相性はよく、昆明合宿からのレースは外したことがないのだが、どういう訳かケニアではまだだ。しかし今回は非常にフォームがいい状態でケニア入りする。年末に大腿二頭筋を怪我した影響で内転筋を意識しだしたらいろいろと感覚が蘇ってきた。筋肉痛の箇所も走れている時のものだ。フォーム原理主義者としては今回はこれまでとは違うと信じたい。

今回の滞在はイテンという大地溝帯沿いの標高2400mの場所に位置するイテンという街に滞在する。人も風景もほのぼのとした街だ。この街にケニア中からランナーが集まっている。

村の入り口には home of chapions と掲げられたゲートがある。ロンドンマラソンから送られたゲートだという。その文言にふさわしく多くの世界チャンピオンを輩出している。ウィリアム・キプサングやディビッド・ルディシャがイテンで練習を積んでいる。

僕も現地のグループに入って練習する。

さてどうなりますかな。

行ってきます。

 

、、、、ってか、Yagiが来ない。

間に合うか。

スポンサーリンク

COMMENTS