ナイロビからイテンに移動する。

ナイロビからイテンに移動する。

Ole Sereni hotel ではぐっすり眠れた。朝起きて、だいぶ体も頭もフレッシュになっているのを感じる。

練習はジムのトレッドミルを使って走ることにする。ビルドアップ形式で10k、ラストは3分を切るペースまで上げる。

練習を終えて朝食をナイロビ国立公園を望むテラスでとる。マンゴーとコーヒーがうまい。たぶんこれが最後の優雅な時間になるのかな。今回はイテンに移動してからはアパートに滞在する。ケニアでアパートを借りるのはこれが初めて。これまではホテルに滞在していた。

11時半にホテルを出てホテルの送迎で空港に向かう。一番外側のゲートでセキュリティチェックを受けるが、またもや止められる。やれやれ。今回はわりと早く解放してくれた。ありがとう。なんか違う気もするが、、、。

国内線はjumbojet を使った。ボンバルディアのプロペラ機は大して揺れることもなく終始安定した飛行で、エルドレットくれて。今回もお世話になります。

イテンに向かう途中、エルドレットの街でSafaricom のSIMを購入する。ケニアでモバイルwifiを使うならSIMをかった方がだいぶ安い。3GBで1100円くらい。

イテンについてさっそくアパートを見せてもらうが、まあ空っぽだ。色々と揃えないといけないじゃないか。それってけっこう大変だぞ。しかし何が必要だ?ベッドにコンロに、、、、、それだけあればどうにかなるかな、はは。

ベッドは練習パートナーのエドウィンの兄弟が今、作成中らしい。フレームが3500ksh(約3800円)、そこそこ安い。100ケニアシリングは約110円、物価は違うとしてだいたい円と同じような使用感覚だ。そういう話をしていると実際に作っている工場に連れて行ってくれた。その一帯は家具作り工場が集まっていてその一画にエドウィンの兄弟の作業場もあった。外人が珍しいらしく、子供達が集まってくる。カメラを向ける興味津々で近づいてきて、ポーズを撮ったり覗き込んだり。みんなスマホ持ってるのにカメラがそんなに珍しいかかな。

ともかく今日中にベッドは出来上がりそうにない。今日はエドウィンの部屋に居候することになりそうだ。

夜は Elgon valley hotel で食べる。
というか、注文して1時間以上経つがまだ料理が出てこない。ポレポーレ(スワヒリ語でゆっくりゆっくり)  というわけそうこれを書いている。
腹が減りました。

スポンサーリンク

COMMENTS