トイレとシャワーの資材を買い揃える。

トイレとシャワーの資材を買い揃える。

朝: 17km easy/Garmin Connect

午後: 8km 4’30” – 3’30”/Garmin Connect

朝は5分を切るくらいのイージーペース。昨日の練習でみんな疲れてるというのもあるし、エドウィンは週末にスペインでのレースを控えている。

コース途中で開けた湿地帯に出て、そこは冷たい空気が流れ込んでいるのか、気化熱のせいなのか、やたらと気温が低く手袋が欲しいくらいだった。東京の11月末の朝ぐらいといったところか。ケニアが常夏の国であというイメージはずいぶん前に払拭されたが、手がかじかむほど寒いこともあるというのは驚きだ。

練習を終えて、朝食をとっていると屈強の男たちが3人門から鉄の棒やらツルハシやら持って入ってくる。「いやー、とうとうヤバイことに巻き込まれたかー」と一瞬思ったが、シャワーとトイレを作る工事をするカーペンターの兄ちゃんたちだった。

照りつける太陽の下しばらく溝掘り作業を続けている。工事の労をねぎらいに声をかけにいくと、記念写真を撮ろうという。自撮りがやたとうまい。腕が長いからか。

午後からシャワーとトイレの資材を街まで買いに出かける。

資材屋での調達は大家とカーペンター任せでぼくは値段をチェックするだけ。この工事は大家さんと折半で行うことになっている。それぞれ14300ksh(1ksh≒0.9円)を支払う。明細をチェックするとけっこう細く計算してある。だいたい算しかできないぼくとしては頭が痛くなる。

パイプやらホースやら便器やらを、大家さんがそこら辺で拾ってきた運搬屋(だと思うけど)のハイラックスの荷台に積み込む。400kshでアパートまで運んでくれるという。ついでにぼくらも乗せてもらう。大家さんはに荷台に乗る。71歳の体に鞭打ってるようで悪い気がするけど、席を交代する気はさらさらないようだ。すごく元気だ。そして早口。「Yes!!」以外ほとんど聞き取れない。

アパートに着くとパイプを設置するための溝がだいぶ掘り進めてあった。以外と早く出来そうな予感。せっかくバケツシャワーに慣れてきたんだけどな。

午後からは速めのジョッグ。
明日はまたファルトレク。今度は遅刻しないようにしよう。

スポンサーリンク

COMMENTS