31km ロングラン 

31km ロングラン 

朝:31km long run/Garmin Connect

土曜日はロングラン。ヤギは疲労こむぱい、エドウィンはスペインでのレースに行っていないのでルーベンと2人でやる。

大地溝帯下段へ続くアスファルト道路を5kmかけて標高350m下り、そこからダートロードへと分岐していく。人気のコースなのかランナーが何人も同じ方向に向かっている。

しばらく上り下りが続いたあと、本格的に上り始める。ジープウェイのような、デコボコでかなり急な坂だ。さっき抜いていったランナー2人に上りで抜き返される。最初、ついて行こうしたが脚が固まりそうになる。ルーベンが彼らにチャレンジしようとするぼくを制するようなジェスチャーをしてペースを戻す。相当長く下った気がしたので、この上りも延々と続くことを覚悟していたら、気づけばガーミンは標高2300mを示していて、それは坂がもう少しで終わることを意味している。実際その通りに、しばらくしてきれいなダートに出た。前を見るとさっき抜いていった4人のランナーがまだ追いつける位置にいるのでペースを上げて追いつく。

そこからは路面がきれいでアップダウンもそうない気持ちのよい森を抜ける道がしばらく続いた。これは知っている道なのでこれからのコースがだいたいイメージがつく。

予想通りにアスファルト道路に出てから、ペースが上がるがこれには簡単に反応できた。2、3kmいってから、再びダートに入る。

完全にこのグループに参加してしまっている。
そういうことを勝ってにやってもウェルカム、ウェルカムなのがイテンにランナーが集まってくる理由のひとつなのかもしれない。

ダートに入ってから、何キロ走るのか聞くと30kmだという。このペースならいけると、最後まで一緒にやることにする。しかし長い上りに差し掛かるときにグイっとペースが上り、戦闘モードに入る。ルーベンが脱落し、さらに2人が遅れて3人になる。 けっこうしんどいが怖いもの見たさでついていく。上りはきついけど、丘の頂上がそう遠くないところに見えるのが希望。

デコボコでタイミングがずれると後ろへ引っ掻くようなキックになるので、その度に地面にを押し返すことを意識する。上りではきつくなるとがむしゃらになるのではなく、プッシュのリズムを保つことだけに集中する。

ラストはけっこうしんどかったがフィニッシュまで一緒に行くことができた。バイクでコーチがついてきてたし強い選手なのかな。だとすると自信になるんだけど。

シャワーとトイレが今日で完成かと思いきや、水圧が足りない、水が漏れる。

なかなか計画通りにいかないことがたくさんあります🎶

スポンサーリンク

COMMENTS